やると性格が良くなる性格診断

シェアする

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

あなたは自分がどんな性格か知っていますか?

自分の性格をよく知ることは、自分の良い面とそうでない面のバランスをとるきっかけになります。

今回の記事では、スタンフォード大学のMBAの授業でも利用されたという性格診断をご紹介します。

エニアグラムという性格診断

世の中には様々な性格診断があります。今回ご紹介する「エニアグラム」もそのなかの一つです。

ただエニアグラムが他の性格診断とちょっと違うのは、はっきりと「ズバリあなたの性格はこれです」とわかるわけではないところです。

「それじゃあ意味ないよ」と思うかもしれませんが、エニアグラムの場合、結果を知ることよりその診断過程が重要とされています。

エニアグラムの起源

エニアグラムの起源は諸説あるようで、ギリシャから生まれたとかアフガニスタンとか中国とか、色々いわれています。

考えられた時期はかなり古くて、2000年以上まえではないかと考えられています。

エニアグラムのタイプ分け

エニアグラムは性格のタイプを以下の九つにわけます。

1完璧主義者(合理的)
2援助者(自分より他人のため)
3達成する人(結果を求める)
4個性を求める人(夢想家)
5観察者(分析好き)
6慎重な人(ルールに従う)
7楽天家(遊び人)
8戦う人(我が強い)
9平和主義者(マイペース)

それぞれの数字は下記の図に対応しています。

enia2

ちなみにエニアグラムという名前は、「エネア」(九つ)、「グラム」(図)から由来します。

エニアグラムの特徴

エニアグラムでは、人間は生まれ持っての性格を持っており、それは生涯変わらないとされています。

しかし、性格を変えることはできなくても、他者の性格の良いところを学ぶことで、自分の短所を補うことができるといいます。

例えば、1番の完璧主義者の場合、長所は「まじめ」とか「しっかりもの」とかでしょう。

でも短所は「融通が利かない」や「遊び心がない」とかになります。

そこで図を見てみると、1番から左斜め下に線が延びていて、7番につながります。

これはどういう意味かといえば、7番は楽天家ですので、7番のお気楽なところを完璧主義者は取り入れるといいですよ。となります。

また、7番の方の場合、右下に線がのびているので、5番の観察者の性質を学びましょう。となります。

エニアグラムの診断方法

エニアグラムは単純な性格診断法ではないので、ちゃんとやろうと思ったらエニアグラムを普及させている協会のコースに参加したり、エニアグラムの本を何冊も読んで理解を深める必要があります。

本でエニアグラム診断をやりたい方には、以下の本をお薦めします。

診断結果の活用方法

エニアグラムは自分の性格を知るだけでなく、他者の性格の特性を知ることで人間関係を健全にしょうという目的があります。

そのため、身近な人間の性格を分析してみて、そのひとの長所短所を知った上で対応を考えるという活用の仕方がいいでしょう。

まとめ

エニアグラムは勉強が必要。

その学習過程がセラピー的要素を含んでいる。

自分と違う性格になるのではなく、違う性格から良い要素を吸収することが大切。

管理人の独り言

エニアグラムは学問的な性格診断なので、かならずしもお手軽なものではありません。

しかし、エニアグラムをしっかりやると自分の性格を否定することが無くなり、自分は自分でいいんだと受け入れられるようになります。

性格改造は、今の自分を受け入れてから初めてスタートするのかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です